四季がある日本の中で、手袋をしていない時期は、

春と秋なのですが、その期間にでも、

使用する事が度々あるという生活をしています。

 

夏の手袋は、ノースリーブを着用した時や、

半袖から出る腕から手の甲までの紫外線予防が目的ですが、

オシャレに見えるように、黒、白、ベージュの3色を

服装の色等を考慮して、はめて出掛けています。

 

その時に、気を付けている事は、長短の長さは、

その時の全体のイメージに合わせて選択していますが、

どの手袋も、全て、指が自由に使えるように、

指の部分の開いた品ばかりを購入する事です。

 

冬の手袋は、紫外線予防は勿論ですが、

オシャレを主体に選択しているので、近所の買い物は、

保温重視のアクリルと毛糸やアンゴラ製品が多いのですが、

それ以外のお出掛け時は、全て革製品に替えています。

 

特に、革製品の中でも、指に吸い付くような牛革の品が、

指が動かしやすい上に、手袋の指の形が

細くて綺麗に見えるので、愛用しています。

 

革手袋においても、最近のカラーのバリエーションは豊富なので、

エンジ、黒、ダークグリーンといった

当日の服やコートに合わせてオシャレを楽しんでいます。

 

そのように考えると、一年を通して、

手袋をはめていない日数は、一か月も無いと思います。

 

手袋は、時として、ムレを感じる事もあるのですが、

オシャレのアクセサリー感覚で身に着けているといったイメージで使うと、

例えば、上から靴まで黒一色になった暗さを、

エンジの手袋一つで、印象が変わる等、

案外、楽にオシャレ感もアップするので、お勧めです。