初めて手袋を買ってもらったのは、幼稚園児の頃、

家族でディズニーランドに遊びに行った時でした。

 

その時は、クリスマスのイベント期間中で、

パレードやショーに出ているキャラクターやダンサー達は皆、

ニットの手袋やマフラーをしたコスチュームを着ていて、

とても可愛かったのを覚えています。

 

手袋というのは、夏場でも紫外線対策などで使用する人もいますが、

だいたいは冬が本番だと思います。

 

小さい頃の私には、クリスマスを感じる特別なアイテムに見えたのです。

 

お土産選びに、お店に入ると、ファンキャップやマフラーに並んで、

手袋が売られているのも目に飛び込みました。

 

手の甲にクラシックのミッキーマウスが描かれており、

耳の部分は立体的に編まれている・・・。

 

今、思い出してみても、非常にお洒落なデザインだと思います。

 

私は、ひと目で気に入ってしまいました。

 

けれど、両親にその手袋が欲しいとお願いしてみたのですが、

あまり良い顔をしてくれません。

 

私は、おもちゃ屋さんで駄々をこねる子どものように、ねだり続けました。

 

当時の話を両親に聞いてみると、

その時、私用の手袋が無かったので、買う事自体は良かったのですが、

五本指に分かれていないタイプの物だったので、

手が使いにくそうだと心配して迷っていたのだそうです。

 

そのような両親の気遣いは、つゆ知らず、

長時間ねだった甲斐あって手袋を買ってもらう事が出来ました。

 

嬉しくて会計を済ませると、すぐに手にはめて、

皆に自慢するような気持ちでディズニーランドを楽しみました。

 

両親が言うには、それはそれは満足気な表情だったそうです。