炊事用のゴム手袋は、特に冬には欠かせない物です。

 

私は、表面が、つるっとしたタイプの薄手の物を使っています。

 

冬場以外にも時々使っていますが、主に冬、使う事が多いですね。

 

しかし、冬になると、ゴムが硬くなるので、

とても使いづらく、何度も食器を落っことしそうになります。

 

このゴム手袋をして、水で食器を洗うのは難しい事です。

 

その為、少し温かいお湯状態で洗うようにしています。

 

そうすると、ゴムが軟らかくなり、手に馴染んできて、

食器洗いが楽に出来るようになります。

 

ゴム手袋をして、食器を洗うと、本当に汚れが落ちているのか、

手の感覚で確認が出来ないところが難点ですね。

 

その為、素手でお湯を使って洗うと、

今度は手がお湯で荒れて、ガサガサになります。

 

とはいえ、水で洗うと、手がかじかんで思うように洗えません。

 

こんな時、食器洗い機があるといいのに、と思ってしまいます。

 

これがあれば、冬はわざわざ大変な思いをしなくても済みます。

 

炊事用のゴム手袋で、寒くなっても硬くならないタイプの物もあります。

 

これは、私が以前、使っていた物です。

 

しかし、この手のタイプは、手がとてもゴム臭くなります。

 

数回、使いましたが、毎回、手がゴム臭くなり、

なかなか臭いが取れないので、いつの間にか使わなくなりました。

 

これは本当にゴムで出来ているって感じで、

瓶の蓋が空かない時に、このゴム手袋は非常に役に立ちました。

 

職場でも、この手のタイプのゴム手袋を使った事があります。

 

これは、作業用の方が向いているかもしれませんね。