私は、手袋を4双持っています。

 

皮の焦げ茶色、黒の人口皮革、布の手袋、指先が開いている手袋です。

 

勤めている時には、歩いて通勤していました。

 

冬になると、ポケットに手を入れて歩いていると、

こけた時に危ないです。

 

その点、手袋をしていると、こけても手をつけます。

 

その為、私は冬の初めには手袋をはめるようにしています。

 

はめていると、皮膚がカサカサになりません。

 

皮膚の保護にもなっていると思います。

 

私は、洋服等に合わせて手袋も変えます。

 

一番多いのが、黒の人工皮革の手袋ですね。

 

これは、はめても最初から冷たい事はありません。

 

しかも、色が黒なので、大抵の洋服にマッチします。

 

ただ、ちょっともっさりしていますね。

 

手袋をポケットにしまうと、ちょっと膨らみますね。

 

これが、ちょっと気になります。

 

皮は、最初は冷たいですね。

 

しばらくすると暖かくなります。

 

また、薄い分、手に馴染みますね。

 

布は、その中間くらいですね。

 

また、軽いです。

 

ただ、手袋をしていると、定期券等を取り出す時に、

いちいち外すのが不便です。

 

手をポケットに入れて歩くのは、危ないのと背中が丸くなります。

 

颯爽と歩く為にも、冬は手袋をした方がベターだと思っています。

 

後は手入れですね。

 

皮の手入れは、皮専用のクリームを脱脂綿に付けて、

ヒビ割れ等から保護しています。

 

人工皮革と布の手袋は、お湯と石鹸で洗います。

 

結構、汚れている事が判ります。

 

後は陰干しです。

 

指先が切れている手袋は、運転する時とか、

ゴルフの練習の時にはめます。

 

指先が使えるので便利です。

 

冬はガマンしないで、手袋をした方がいいと思っています。