私は過去に何度か、手袋を編んだ事があります。

 

そのうち1回は、5本指の手袋です。

 

5本指の1本1本を編むのは、かなり大変でした。

 

毛糸も細く、こまごまとした作業でした。

 

しかし、なんとか形になってきました。

 

最後まで頑張って編もうと思ったのですが、途中で挫折してしまいました。

 

やはり、私には難しかったようです。

 

結局、指が途中までの物を編んで終了しました。

 

去年は、親指だけ分かれている手袋を編みました。

 

それは、指が全く無いタイプで、手首と手のひらだけの手袋です。

 

その前の年に、100円均一で、このタイプの手袋を見つけ、

可愛かったので、早速、買って使ってみました。

 

予想以上に温かく、しかも、その手袋は手作業の邪魔になりません。

 

結局、冬中その手袋をしていました。

 

去年は別の手袋が欲しくなり、ちょうど毛糸も余っていたので、

それで作ってみる事にしました。

 

毛糸は並太だったので、かなりゴッツイ感じになりましたが、

なんとか完成させる事が出来ました。

 

去年の冬は、家の中では、その2種類の手袋で過ごしました。

 

家の中では、指先が無い手袋でも手首と手のひらが暖かければ、

十分に過ごす事が出来る事が分かりました。

 

しもやけにもならず、とても重宝しました。

 

今年も、その2種類の手袋が活躍すると思います。

 

また、寒い冬がやって来ます。

 

冬は、家の中でも指無し手袋をしていないと、

手がガサガサになってしまいます。

 

その為にも、暖かい手袋をして、過ごしていきたいと思っています。