本当にもう冬は必ず耳あてと手袋は絶対の必需品です。

 

特に手袋の思い出と言えば、

小学校の時の家庭科の授業で編み物を習いました。

 

その時の手袋と言えば、5本指ではなくて、

親指1本と他の4本という物でした。

 

作り方は、とっても簡単なんですよね!

 

とりあえず指の部分だけを先に作っておいてから

胴体をつなぎ合わせるというもの。

 

でも、サイズを、きちんと合わせないと、手首の部分が広くなって、

ぜんぜん暖かくないという残念な結果になります。

 

大人になってからというもの、

冬は寒くて手袋を履きたいのは山々なのですが、

車の運転がある為、その時は手袋を外したりするのですが、

どうしても運転しづらいという難点があります。

 

なので、100円ショップで

滑り止めが付いている手袋を買うようになりました!

 

本当は、よくセレブが履くような

フェルト生地のようなのを履いてみたいのですが、

やはり装着がしにくいという感じです。

 

また近年では、スマートフォンの普及がある為、

手袋をしたままスマホを操作出来るという商品が出てきました。

 

100円ショップでも売られていたので、買ってみたら本当に使えました!

 

すごい画期的だなと思いました。

 

でも、おしゃれを気にする人は、見た目を重視するのかなと思います。

 

あと、スマートフォンが出だした頃、指先だけ出ている手袋がありました。

 

あれは、指先が冷えてしまうと、手袋の意味が無くなるそうです。

 

指先を保護する事によって手の掌が温かくなるという訳ですから、

安い物でいいから実用的な手袋を買いたいと思います。